MENU

ABOUT USわたしたちについて

「医療を、もっとわかりやすく」

わたしたちは、日々、あまり医療を意識することなく生活しています。
健康な人は、すすんで医療のことを知ろうとはしません。

医療を意識するときは、ある日突然やってきます。
病気になったとき、ケガをしたとき、妊娠をしたとき。
そんなとき、初めて医療を「知りたい」という思いが生まれます。

でも、医療を理解しようとすると、とても難しいと感じてしまいます。
専門家に全面的に任せた方がいいのではないか、と思うほどに複雑です。

だから、「医療」をもっと「わかりやすく」したい。

身体のこと、病気のこと、医療費のこと、医療制度のこと、
そんな「医療」がわかりやすくなれば、納得して医療を受ける人が増える。
メディアコンテンツファクトリーは、そう信じています。

医療をわかりやすくするためのコンテンツを作り、
医療を知るための場を作り、
1人でも多くの人に医療を知ってもらう。

それが「医療をもっとわかりやすく」していくための
メディアコンテンツファクトリーの使命です。

わたしたちが仕事をする上で
大切にしたいこと

みんな「隣人」である。

みんな「隣人」である。

隣人とは、家族ではないけれど、同じ土地に生きていく大切な仲間です。
英語の“neighbors”にはどこか、近くに寄り添ってくれる親しみ、を感じます。

隣人には、偉いも偉くないもありません。お互いに対等な関係です。
自分の得意なことで貢献し、自分の足りない部分を助けてもらう。

会社のメンバーも、取引先も、その先の医療にかかわる全ての人も。
みんな、医療というコミュニティの「隣人」であることを意識しましょう。

あなたも、わたしも、善き隣人であり続けましょう。

少しでも、世の中を前に進める。

少しでも、世の中を前に進める。

仕事をしていると、何のために仕事をしているのか、わからなくなることがあります。
上司やお客さまの言っていることに、納得できないときもあります。

そんなときは、「その仕事が世の中を前に進めることができるのか」を考えましょう。

わたしたちは、上司のためにも、お客さまのためにも、生きているわけではなく、 少しでも世の中を前に進めるために仕事をしているのです。

ひとりひとりの仕事が、ちょっとずつ世の中を前に進めていると信じて、
今日もいい仕事をしましょう。

地味なことの積み重ねがスゴイを作る。

地味なことの積み重ねが
スゴイを作る。

メディアコンテンツファクトリーは、かなり地味な会社です。
インターネットビジネスなのに、常に世の中より先の事をしているはずなのに、なんか地味です。

でも、それがメディアコンテンツファクトリーの強さではないかな、と思っています。
わたしたちは、誰もやらないような、途方もないようなことを、
投げ出すことなく、コツコツ、地味にやり続けてきました。

コツコツ、コツコツ、コツコツ、コツコツ。

地味でも積み重ねると、誰も追いつけなくなるほどスゴイことが出来る。
わたしたちの日々のコツコツが、それを証明してくれるはずです。

「おもしろい」仕事をしよう。

「おもしろい」仕事をしよう。

医療は、とても真面目な世界です。
真面目なことを、真面目に伝えようとしても、あまり伝わらないものです。

だから、わたしたちは、医療をおもしろくする仕事をしましょう。
“funny”ではなく、“interesting”。

そのためには、まず自分が「おもしろい!」と思える仕事をしましょう。
そして、世の中が、メディアコンテンツファクトリーの仕事を
「おもしろい」と思ってもらえることを目指しましょう。

わたしたちのことについてもっと知る

MEMBER

MORE

COMPANY

MORE

BRAND

MORE