メニュー
TOP > 利用事例  > きし内科クリニック
患者が知りたいであろう情報をわかりやすく発信できる、期待以上のサービス

きし内科クリニック

千葉県市川市 院長岸 雅人

院内受付

当院では、通っている患者さんたちが、「比較的かかるであろう病気」をピックアップして放映しています。

採用する前は、病院でしか得られない情報を少しでも発信できたらいいなという軽い気持ちだったのですが、実際に運用を始めてみると、コンテンツの種類は豊富ですし、わかりやすく医療について勉強できる内容になっていて、期待以上のサービスでした。運用に慣れていくと、季節ごとに放映するものと通年放映するものと、自分でローテーションを組んで選んでいくだけなので、今では更新も非常に楽になりました。患者さんにとっては心理的な待ち時間も大幅に軽減されると思うので、とても気に入って使っています。私はその中でも、カロリークイズが身近で楽しいので、好きですね。



その他のお客様の声

福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
医療法人社団仁明会 安部医院 患者さんのために、待ち時間にもプラスになるものを提供したいと思って、メディキャスターを採用しました。 待合室で待つということは患者さんにとってはネガティブなことだと思います。でもその時間で患者さんの知識になることを自然に...続きを読む
済生会唐津病院 メディキャスターは「患者サービスの一環として、何か良いものはないか?」と探していた時に知りました。見た瞬間、これだ!と思い、導入をさせていただきました。 実際に大型のディスプレイを通じて情報を目にすると、壁に貼っているポ...続きを読む
陣の内脳神経外科クリニック 頭痛外来の紹介により、口コミで情報が広がった他、関連施設の利用も増えました。 当院では頭痛外来というのを行っていまして、九州でもかなり多くの方に来ていただいております。院内で頭痛に関する情報を流したところ、患者様同士の口...続きを読む
中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む
高取内科医院 メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む
つねなりクリニック 従来、患者様に対する情報開示については、院内の掲示板を利用していましたが、掲示板は患者様が近づいて見てみようという意思がなければ、こちらが伝えたい情報がうまく伝わりませんでした。ですが、メディキャスターは視認性が高く、注...続きを読む