メニュー
TOP > 利用事例  > しみず内科循環器クリニック
「患者にとって身近な医療情報の発信」のためにメディキャスターを活用

しみず内科循環器クリニック

東京都小平市 院長清水 寛

院内受付

患者さんへの情報発信には、開業当初からホームページよりも来院した患者さん向けにメディキャスターを活用することのほうが多いです。メディキャスターは、こちらから依頼しなくても病気に関するコンテンツがたくさん用意されていて、患者さんも喜んで見てくれているので助かっています。内容も定期的に更新されるので、飽きもこないですね。

病気のこと以外には当院のオリジナル番組として、医師会からのお知らせや医療介護制度、近隣のインフルエンザの発症状況などの番組を作ってもらっています。チラシをFAXしたり郵送するだけで作ってくれるので、今ではスタッフが中心になってやってくれています。

また最近は、医師会から来たお知らせの中から、認知症の方向けのオレンジカフェという集いの場のお知らせについても依頼しました。医学的なことだけでなく在宅・介護も含めて医療だと思うので、自分の町で最期を迎えるためにできるだけの情報を発信できればと考えています。

また、そのような情報が必要な高齢の患者さんはインターネットから情報を得るのも難しいと思うので、待合室で知る機会を作ってあげることが大事だと思います。患者さんの中には、以前から介護保険の申請をしたかったけど、どうすればいいかわからなかった、待合室で流れているのを見て初めて知ったと言ってくれた方もいました。

私は開業医として、地域の患者さんのために医療に関する様々な情報を発信していきたいと思っています。メディキャスターは患者さんが診察室で聞きにくかったり、どこに聞いたらいいかわからない医療に関する身近な情報を、こちらから先回りして手軽に待合室で流せるのでとても重宝しています。



その他のお客様の声

こうの内科医院

メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む

つねなりクリニック

従来、患者様に対する情報開示については、院内の掲示板を利用していましたが、掲示板は患者様が近づいて見てみようという意思がなければ、こちらが伝えたい情報がうまく伝わりませんでした。ですが、メディキャスターは視認性が高く、注...続きを読む

仲皮フ科クリニック

導入したきっかけは雑誌を見て、便利だなと思い導入しました。 それまでは、壁に張り紙を張っていたのですが、ひとつの画面から放映することになって非常にすっきりし、待合室がきれいになりました。 患者様も待ち時間を退屈しないです...続きを読む

やすらぎクリニック

私は以前から、患者様に待ち時間をいかに有意義に過ごしてもらおうかと考えていました。それで、私自身が開業することになり、診療予約システムとメディキャスターのどちらを導入しようかと考えていたんです。 診療予約システムを導入し...続きを読む

越谷誠和病院

常日頃、病院内の情報をできるだけ多くの患者様に知ってほしいと思っておりまして、そういった情報表示ができるものはないかと思い比較検討した結果、メディキャスターを導入しました。 今は院内情報誌の内容などをメディキャスターで放...続きを読む

医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック

-メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む

石川眼科

うちの患者様で特徴的なのは、手術にしても診察にしても、口コミなんですよね。 患者様が来られて、メディキャスターを見て、白内障や緑内障、糖尿病などの情報を知るんです。するとその情報を家族の方に伝え、家族を連れてこられたりす...続きを読む

福岡市医師会成人病センター

患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む