メニュー
TOP > 利用事例  > しみず内科循環器クリニック
「患者にとって身近な医療情報の発信」のためにメディキャスターを活用

しみず内科循環器クリニック

東京都小平市 院長清水 寛

院内受付

患者さんへの情報発信には、開業当初からホームページよりも来院した患者さん向けにメディキャスターを活用することのほうが多いです。メディキャスターは、こちらから依頼しなくても病気に関するコンテンツがたくさん用意されていて、患者さんも喜んで見てくれているので助かっています。内容も定期的に更新されるので、飽きもこないですね。

病気のこと以外には当院のオリジナル番組として、医師会からのお知らせや医療介護制度、近隣のインフルエンザの発症状況などの番組を作ってもらっています。チラシをFAXしたり郵送するだけで作ってくれるので、今ではスタッフが中心になってやってくれています。

また最近は、医師会から来たお知らせの中から、認知症の方向けのオレンジカフェという集いの場のお知らせについても依頼しました。医学的なことだけでなく在宅・介護も含めて医療だと思うので、自分の町で最期を迎えるためにできるだけの情報を発信できればと考えています。

また、そのような情報が必要な高齢の患者さんはインターネットから情報を得るのも難しいと思うので、待合室で知る機会を作ってあげることが大事だと思います。患者さんの中には、以前から介護保険の申請をしたかったけど、どうすればいいかわからなかった、待合室で流れているのを見て初めて知ったと言ってくれた方もいました。

私は開業医として、地域の患者さんのために医療に関する様々な情報を発信していきたいと思っています。メディキャスターは患者さんが診察室で聞きにくかったり、どこに聞いたらいいかわからない医療に関する身近な情報を、こちらから先回りして手軽に待合室で流せるのでとても重宝しています。



その他のお客様の声

つねなりクリニック 従来、患者様に対する情報開示については、院内の掲示板を利用していましたが、掲示板は患者様が近づいて見てみようという意思がなければ、こちらが伝えたい情報がうまく伝わりませんでした。ですが、メディキャスターは視認性が高く、注...続きを読む
医療法人社団 かわな眼科 患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。 当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると...続きを読む
高田眼科 患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。 メディアコンテ...続きを読む
えんどうクリニック -患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む
赤穂中央病院 大分のある病院の方にお伺いする機会がありまして、その際にメディキャスターが患者様によく見られているというお話を聞きました。実際に映像も見せてもらいましたが、完成度が高く、視認性にも優れていたため、すぐに導入を決意しました...続きを読む
島田療育センター 障害を持ったお子様を育てるというのは非常に大変な事で、病院や療育施設に通われることも大変多く、その際に待っている時間というのは、合わせると結構な時間になります。その待っている時間をもっと有効に活用できないだろうか?そう思...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む