メニュー
TOP > 利用事例  > 中央眼科グループ
待合室のデジタルサイネージは、最もアピール力のある媒体

中央眼科グループ

神奈川県横須賀市 中央眼科グループ理事長 勅使川原剛

院内受付

当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。

ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者さんが見ることが多いので、当グループの特徴などをわかりやすく患者さんに伝えることが大事だと思うのですが、そこに書いてある情報がすべて本当かどうか、患者さんが信用できないという気持ちがあるのも事実だと思います。

その点デジタルサイネージは、クリニックからの情報を院内の待合室で流しているので、見ている患者さんはその情報を飲み込みやすいようです。

クリニックに来ているということは患者さんはすでに当院を信頼してくれているということなので、待合室での情報発信は信頼性が高いと思います。ご自身の症状とは直接関係のないことでも、待合室で見た病気について聞きたいことがあると患者さんから相談してもらえることも増えました。

また先日、コンテンツの中にナレーションでクリニックの名前を入れて白内障レーザー手術に関する内容を流したときは、ふだん待合室でスマホを見ているような若い患者さんもふっと顔を上げて見てくれていて、メディキャスターのアピール力の高さを実感しました。



その他のお客様の声

島田療育センター

障害を持ったお子様を育てるというのは非常に大変な事で、病院や療育施設に通われることも大変多く、その際に待っている時間というのは、合わせると結構な時間になります。その待っている時間をもっと有効に活用できないだろうか?そう思...続きを読む

陣の内脳神経外科クリニック

頭痛外来の紹介により、口コミで情報が広がった他、関連施設の利用も増えました。 当院では頭痛外来というのを行っていまして、九州でもかなり多くの方に来ていただいております。院内で頭痛に関する情報を流したところ、患者様同士の口...続きを読む

おばな内科クリニック

メディキャスター導入のきっかけは今のクリニックを開業する際、内装の参考にと知人や先輩の医院を訪問して診察室や待合室などを見学させてもらった際に、たまたまメディアコンテンツファクトリーさんのメディキャスターを目にしたことで...続きを読む

つねなりクリニック

従来、患者様に対する情報開示については、院内の掲示板を利用していましたが、掲示板は患者様が近づいて見てみようという意思がなければ、こちらが伝えたい情報がうまく伝わりませんでした。ですが、メディキャスターは視認性が高く、注...続きを読む

麻生耳鼻咽喉科

私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む

福岡市医師会成人病センター

患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む

仲皮フ科クリニック

導入したきっかけは雑誌を見て、便利だなと思い導入しました。 それまでは、壁に張り紙を張っていたのですが、ひとつの画面から放映することになって非常にすっきりし、待合室がきれいになりました。 患者様も待ち時間を退屈しないです...続きを読む

えんどうクリニック

-患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む