メニュー
TOP > 利用事例  > 医療法人社団 かわな眼科
待ち時間に、患者教育と情報発信のできる便利なツール

医療法人社団 かわな眼科

千葉県松戸市 院長川名 啓介

院内受付

患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。

当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると考えたためです。

メディキャスターは、診察や検査の待ち時間に医療に関する知識をつけることができ、かつ当院からの情報を発信することもできるため、待ち時間を有効に使えるツールだと思います。
貼り紙と違って発信したい情報量の制限もなく、自分で作成したテロップなども簡単に出せるので便利です。

さらに、当院からの情報だけでなく、生活に即した健康情報やニュースなども流れるので、待ち時間を短く感じられる効果もあると思います。



その他のお客様の声

えんどうクリニック -患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む
ののやま眼科 新規開業にあたり、「患者様にすばやくメッセージを届けられる」、「ホットな情報を主体にできる」といった、診察室だけでは伝きれないような情報を画面を通じて待ち時間内で伝えていきたいということでメディキャスターを導入しました。...続きを読む
きし内科クリニック 当院では、通っている患者さんたちが、「比較的かかるであろう病気」をピックアップして放映しています。 採用する前は、病院でしか得られない情報を少しでも発信できたらいいなという軽い気持ちだったのですが、実際に運用を始めてみる...続きを読む
赤穂中央病院 大分のある病院の方にお伺いする機会がありまして、その際にメディキャスターが患者様によく見られているというお話を聞きました。実際に映像も見せてもらいましたが、完成度が高く、視認性にも優れていたため、すぐに導入を決意しました...続きを読む
医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む
島田療育センター 障害を持ったお子様を育てるというのは非常に大変な事で、病院や療育施設に通われることも大変多く、その際に待っている時間というのは、合わせると結構な時間になります。その待っている時間をもっと有効に活用できないだろうか?そう思...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
高取内科医院 メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報...続きを読む