メニュー
TOP > 利用事例  > 高田眼科
私がメディキャスターを選んだ理由は番組が多彩だったこと。
そして・・・。

高田眼科

茨城県つくば市 院長高田 眞知子

患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。

メディアコンテンツファクトリーさんはこちらの好みでいろいろとプログラムを組んでくださいますし、癒しの番組など、待ち時間に苦痛にならないようなプログラムをやって頂けるんだなと感じました。いろんなニュースなども楽しみになるかなと思いまして選ばせて頂きました。

私のところは日帰りの白内障手術をやっているのですが、横のネットワークで手術件数の多いような先生方が割とメディキャスターを採用されていて、好評だということも聞きました。先生方には待ち時間対策にもいいし、患者様にいろいろ知って頂くにも役に立つしということでぜひ取り入れるようにと勧められました。

メディキャスターを使うと、待ち時間に患者様が色々な病気を知識として入れて頂けて、診察室ではメディキャスターの続きからお話ができるので、とても助かっております。



その他のお客様の声

えんどうクリニック

-患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む

社会保険 田川病院

患者様に対して最新の情報を伝達したい、情報伝達をすることによって診療内容を豊かにしていきたいと思い導入致しました。 機能評価の点からしても壁に張り紙をしているということだけでは認められません。画面の大きさや色合いなどメデ...続きを読む

しみず内科循環器クリニック

患者さんへの情報発信には、開業当初からホームページよりも来院した患者さん向けにメディキャスターを活用することのほうが多いです。メディキャスターは、こちらから依頼しなくても病気に関するコンテンツがたくさん用意されていて、患...続きを読む

ののやま眼科

新規開業にあたり、「患者様にすばやくメッセージを届けられる」、「ホットな情報を主体にできる」といった、診察室だけでは伝きれないような情報を画面を通じて待ち時間内で伝えていきたいということでメディキャスターを導入しました。...続きを読む

医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック

-メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む

こうの内科医院

メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む

福岡市医師会成人病センター

患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む

島田療育センター

障害を持ったお子様を育てるというのは非常に大変な事で、病院や療育施設に通われることも大変多く、その際に待っている時間というのは、合わせると結構な時間になります。その待っている時間をもっと有効に活用できないだろうか?そう思...続きを読む