MENU

クリニック向け電話自動応答システム「iver(アイバー)」の提供を開始

2021.07.01

クリニック向け電話自動応答システム
「iver(アイバー)」の提供を開始します

 

クリニックの受付業務負荷軽減を実現

 

株式会社メディアコンテンツファクトリー(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:毛塚牧人、以下当社)は、医療機関の受付業務に特化したクリニック向け電話自動応答システム「iver(アイバー)」(以下「iver」)の提供を2021年7月1日より開始いたしましたのでお知らせいたします。「iver」を導入することで、クリニックの電話業務を効率化し、本来、医療スタッフの判断を必要とする緊急度の高い電話に人的リソースを配分することができるようになります。 

 

 

 

サービス提供開始の背景

 

コロナ感染拡大後、クリニックへの問合せが激増

 

新型コロナウイルス感染拡大以降、感染対策等、医療機関の業務負荷は増えています。さらに、新型コロナワクチン接種が本格的に開始され、ワクチン接種の担い手の一部はクリニック・診療所をはじめとした地域の医療機関に委ねられるようになりました。このような状況下で、クリニックには日々多くの電話による問合せがあります。発熱等、感染疑いのある患者からの受診に関する問合せ、ワクチン接種に関する問合せ、さらに症状の急な変化等の緊急の問合せ等、その内容は多岐にわたります。中には、診療時間や現在の混雑状況、予約のとり方等、必ずしも医療スタッフの判断を必要としない問合せも含まれるため、本来、人の判断を必要とする電話がかかりにくいという状況が発生しています。

このような背景から、人の判断を必要としない問合せは自動音声により対応し、より緊急度の高い電話には医療スタッフが対応できるようすることで、限られた医療機関の人的リソースを最適化するために、クリニック向け電話自動応答システム「iver(アイバー)」を開発しました。

 

 

クリニック自動音声システム「iverの特徴・機能

 

「iver」は、クリニックの受付業務に特化し、医療機関のために考えられた設計・機能が搭載されています。一般的なコールセンターで使用されるシステムとは異なり、医療機関における煩雑時の課題解決に向け、クリニック・診療所によくある問合せ内容をあらかじめ標準メニューとしてセットされているため、すぐに利用を開始することができます。

 

 

 

今後の展開

 

全国の医療機関へのサービス提供およびサポート体制の強化


医療・介護現在の人やモノのリソース不足が深刻な中、医療機関におけるシステム構築支援は喫緊の課題です。現場の判断や対応の迅速化・効率化を目的とし、全国の医療機関へのサービス提供およびサポート体制を強化してまいります。

各種周辺システムとの連携


「iver」はSMS送信も可能であるため、問合せ内容に応じて、予約システムやWEB問診、オンライン診療、LINE公式アカウント友だち登録、ホームページ等のURLを案内することが可能です。各種周辺システムとの連携性を強化し、より利便性の高いシステムを目指します。

 

 

 

クリニック向け自動応答システム「iverアイバー)」の詳細

 

▼サービスサイト

https://www.media-cf.co.jp/service/iver/



サービス紹介動画

https://youtu.be/DtBQ1twdCbE

 

 

■■■本リリースのPDF版はこちら■■■

 

 

会社概要


■ 会社名称       株式会社メディアコンテンツファクトリー(http://www.media-cf.co.jp
■ 本社                 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-27 第16岡部ビル5F
■ 設立                 1998年7月
■ 代表取締役      毛塚 牧人
■ 事業内容          医療コミュニケーションプラットフォーム事業/広告配信事業

 

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社メディアコンテンツファクトリー マーケティング本部
TEL. 03-5402-6905/Mail. mcf@media-cf.co.jp