メニュー
TOP > 利用事例  > こうの内科医院
「待ち時間に楽しめる!」との声。患者様に、より親しみをもっていただけます。

こうの内科医院

長崎県東彼杵郡 院長河野 宏

05_06_image02

メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患者様は見てくれているんだなとかなり実感しています。

原稿を作成する手間はほとんどかかりません。やはり中身を充実させることが大事だと思っていますから、スタッフにも協力してもらってアイデアを募っています。また、音声も提供できることがこのシステムの魅力ですから、ぜひ今後も使っていきたいと考えています。



その他のお客様の声

北方医院 当院では以前、電光掲示板で文字情報を流していました。 文字情報でニュースなども流したいと思い、自分で打ち込んでいましたが、やはり時間と手間がかかり、そうなると更新の頻度が空いてしまったり、マンネリ化したりしていました。 ...続きを読む
高田眼科 患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。 メディアコンテ...続きを読む
社会保険 田川病院 患者様に対して最新の情報を伝達したい、情報伝達をすることによって診療内容を豊かにしていきたいと思い導入致しました。 機能評価の点からしても壁に張り紙をしているということだけでは認められません。画面の大きさや色合いなどメデ...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
医療法人社団 かわな眼科 患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。 当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると...続きを読む
おばな内科クリニック メディキャスター導入のきっかけは今のクリニックを開業する際、内装の参考にと知人や先輩の医院を訪問して診察室や待合室などを見学させてもらった際に、たまたまメディアコンテンツファクトリーさんのメディキャスターを目にしたことで...続きを読む
きし内科クリニック 当院では、通っている患者さんたちが、「比較的かかるであろう病気」をピックアップして放映しています。 採用する前は、病院でしか得られない情報を少しでも発信できたらいいなという軽い気持ちだったのですが、実際に運用を始めてみる...続きを読む