メニュー
TOP > 利用事例  > しみず内科循環器クリニック
「患者にとって身近な医療情報の発信」のためにメディキャスターを活用

しみず内科循環器クリニック

東京都小平市 院長清水 寛

院内受付

患者さんへの情報発信には、開業当初からホームページよりも来院した患者さん向けにメディキャスターを活用することのほうが多いです。メディキャスターは、こちらから依頼しなくても病気に関するコンテンツがたくさん用意されていて、患者さんも喜んで見てくれているので助かっています。内容も定期的に更新されるので、飽きもこないですね。

病気のこと以外には当院のオリジナル番組として、医師会からのお知らせや医療介護制度、近隣のインフルエンザの発症状況などの番組を作ってもらっています。チラシをFAXしたり郵送するだけで作ってくれるので、今ではスタッフが中心になってやってくれています。

また最近は、医師会から来たお知らせの中から、認知症の方向けのオレンジカフェという集いの場のお知らせについても依頼しました。医学的なことだけでなく在宅・介護も含めて医療だと思うので、自分の町で最期を迎えるためにできるだけの情報を発信できればと考えています。

また、そのような情報が必要な高齢の患者さんはインターネットから情報を得るのも難しいと思うので、待合室で知る機会を作ってあげることが大事だと思います。患者さんの中には、以前から介護保険の申請をしたかったけど、どうすればいいかわからなかった、待合室で流れているのを見て初めて知ったと言ってくれた方もいました。

私は開業医として、地域の患者さんのために医療に関する様々な情報を発信していきたいと思っています。メディキャスターは患者さんが診察室で聞きにくかったり、どこに聞いたらいいかわからない医療に関する身近な情報を、こちらから先回りして手軽に待合室で流せるのでとても重宝しています。



その他のお客様の声

越谷誠和病院 常日頃、病院内の情報をできるだけ多くの患者様に知ってほしいと思っておりまして、そういった情報表示ができるものはないかと思い比較検討した結果、メディキャスターを導入しました。 今は院内情報誌の内容などをメディキャスターで放...続きを読む
石川眼科 うちの患者様で特徴的なのは、手術にしても診察にしても、口コミなんですよね。 患者様が来られて、メディキャスターを見て、白内障や緑内障、糖尿病などの情報を知るんです。するとその情報を家族の方に伝え、家族を連れてこられたりす...続きを読む
北方医院 当院では以前、電光掲示板で文字情報を流していました。 文字情報でニュースなども流したいと思い、自分で打ち込んでいましたが、やはり時間と手間がかかり、そうなると更新の頻度が空いてしまったり、マンネリ化したりしていました。 ...続きを読む
こうの内科医院 メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
医療法人社団 かわな眼科 患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。 当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると...続きを読む
きし内科クリニック 当院では、通っている患者さんたちが、「比較的かかるであろう病気」をピックアップして放映しています。 採用する前は、病院でしか得られない情報を少しでも発信できたらいいなという軽い気持ちだったのですが、実際に運用を始めてみる...続きを読む
医療法人社団仁明会 安部医院 患者さんのために、待ち時間にもプラスになるものを提供したいと思って、メディキャスターを採用しました。 待合室で待つということは患者さんにとってはネガティブなことだと思います。でもその時間で患者さんの知識になることを自然に...続きを読む