メニュー
TOP > 利用事例  > つねなりクリニック
診察室では患者様の方から内視鏡検査を話題に。
期待以上の告知効果に本当に驚きました。

つねなりクリニック

神奈川県相模原市 院長恒成 祐司

05_02_image01

従来、患者様に対する情報開示については、院内の掲示板を利用していましたが、掲示板は患者様が近づいて見てみようという意思がなければ、こちらが伝えたい情報がうまく伝わりませんでした。ですが、メディキャスターは視認性が高く、注目度もポスターなどと比べるとはるかに高いため、たまに診察室から待合室を見てみると、今まで本を読んでいた人までが画面を見ていたりして、とても驚きました。すごく見ている、見られているなぁと実感しましたね。

当院では、苦しくない内視鏡というものを採用し、実施していたのですが、当初は診察を受けた患者様の口コミで、少しずつ評判が伝えられていました。ある日それを実際にメディキャスターで画像とともにわかりやすく紹介したんです。すると、診察室で患者様の方から話題にされるようになり、口コミ効果と相まって、3倍、いや4倍ぐらいはあったのではないかと思うほど多くの反響がありました。自分が期待していた以上の告知効果をもたらしてくれたことに本当に驚きました。検査についても、「なぜ検査をしなければならないか」「その検査によって何が分かるのか」「結果が悪かったらどうすればいいのか」まで踏まえての情報提供ができるため、とても助かっています。

これまでは診察の際、一人一人に対して丁寧に説明し、ご理解をいただけるようしていましたが、今ではメディキャスターがその説明を待合室で事前に行ってくれているため、私の手間は半分以上減りました。

診察の際、一人一人に話をしていくと、ものすごく時間がかかります。ですが、診察前にある程度の情報を持って診察室に入ってきていただけると、お互いの理解の上で、より専門的なお話ができるため、非常に高度なやりとりが患者様との間で実現できます。

情報表示システムは、本来は患者サービス施策の一環として位置づけされるものなのでしょうけれど、実際に導入すると、患者様のみならず医師やスタッフの負担を大幅に軽減してくれる、素晴らしいメディアであることがわかると思います。



その他のお客様の声

麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
こうの内科医院 メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む
赤穂中央病院 大分のある病院の方にお伺いする機会がありまして、その際にメディキャスターが患者様によく見られているというお話を聞きました。実際に映像も見せてもらいましたが、完成度が高く、視認性にも優れていたため、すぐに導入を決意しました...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む
医療法人社団 かわな眼科 患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。 当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると...続きを読む
やすらぎクリニック 私は以前から、患者様に待ち時間をいかに有意義に過ごしてもらおうかと考えていました。それで、私自身が開業することになり、診療予約システムとメディキャスターのどちらを導入しようかと考えていたんです。 診療予約システムを導入し...続きを読む
おばな内科クリニック メディキャスター導入のきっかけは今のクリニックを開業する際、内装の参考にと知人や先輩の医院を訪問して診察室や待合室などを見学させてもらった際に、たまたまメディアコンテンツファクトリーさんのメディキャスターを目にしたことで...続きを読む
高田眼科 患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。 メディアコンテ...続きを読む