メニュー
TOP > 利用事例  > ののやま眼科
自分自身のことなど、院内情報を開示することにより、患者様と親しみながら診察が出来るようになりました。

ののやま眼科

茨城県土浦市 院長野々山 智仁

新規開業にあたり、「患者様にすばやくメッセージを届けられる」、「ホットな情報を主体にできる」といった、診察室だけでは伝きれないような情報を画面を通じて待ち時間内で伝えていきたいということでメディキャスターを導入しました。他の業者とも比較したのですが、番組の管理もしていただけますし、既成のコンテンツが揃っていて、特にニュース関係も流せるということでメディキャスターを選びました。

やはり、病気に対しての知識は説明しきれない部分があったり、せっかく病院に来たのだから、診察に入ってくる前に予備知識をつけて欲しいということで情報を放映していただいています。他にもより私自身を知っていただく為に、私からのメッセージや、趣味等の院内情報を患者様に開示しています。

導入後は、患者様からメディキャスターを見ての質問もありますし、院長プロフィールを見て趣味など共通する方がいれば、話も弾みますし、より患者様と親しみながら診察が出来るようになりました。

原稿についても非常に簡単で、パソコンから休診のお知らせを依頼して、 すばやく放映していただいています。FAXやE-mailでも送れるので、他のスタッフでも簡単に出来ています。



その他のお客様の声

中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
きし内科クリニック 当院では、通っている患者さんたちが、「比較的かかるであろう病気」をピックアップして放映しています。 採用する前は、病院でしか得られない情報を少しでも発信できたらいいなという軽い気持ちだったのですが、実際に運用を始めてみる...続きを読む
こうの内科医院 メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む
えんどうクリニック -患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む
医療法人社団仁明会 安部医院 患者さんのために、待ち時間にもプラスになるものを提供したいと思って、メディキャスターを採用しました。 待合室で待つということは患者さんにとってはネガティブなことだと思います。でもその時間で患者さんの知識になることを自然に...続きを読む
医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む
つねなりクリニック 従来、患者様に対する情報開示については、院内の掲示板を利用していましたが、掲示板は患者様が近づいて見てみようという意思がなければ、こちらが伝えたい情報がうまく伝わりませんでした。ですが、メディキャスターは視認性が高く、注...続きを読む