メニュー
TOP > 利用事例  > 中央眼科グループ
待合室のデジタルサイネージは、最もアピール力のある媒体

中央眼科グループ

神奈川県横須賀市 中央眼科グループ理事長 勅使川原剛

院内受付

当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。

ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者さんが見ることが多いので、当グループの特徴などをわかりやすく患者さんに伝えることが大事だと思うのですが、そこに書いてある情報がすべて本当かどうか、患者さんが信用できないという気持ちがあるのも事実だと思います。

その点デジタルサイネージは、クリニックからの情報を院内の待合室で流しているので、見ている患者さんはその情報を飲み込みやすいようです。

クリニックに来ているということは患者さんはすでに当院を信頼してくれているということなので、待合室での情報発信は信頼性が高いと思います。ご自身の症状とは直接関係のないことでも、待合室で見た病気について聞きたいことがあると患者さんから相談してもらえることも増えました。

また先日、コンテンツの中にナレーションでクリニックの名前を入れて白内障レーザー手術に関する内容を流したときは、ふだん待合室でスマホを見ているような若い患者さんもふっと顔を上げて見てくれていて、メディキャスターのアピール力の高さを実感しました。



その他のお客様の声

仲整形外科 私のところは兄も開業医なのですが、その兄の医院が先にメディキャスターを導入しており、実際に何度も見ていて、兄から使いやすいと勧められたのが導入するきっかけでした。 私はよく、近くのホールを借りて講演会を開催しているのです...続きを読む
医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む
篠原皮膚科クリニック メディキャスターは、講演会で紹介があり導入しました。 医療機関はなかなか広告ができないんですが、自院から情報を発信することによって口コミで患者様に宣伝してもらえるということはかなり効果が高いと思います。 また、メッセージ...続きを読む
えんどうクリニック -患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
島田療育センター 障害を持ったお子様を育てるというのは非常に大変な事で、病院や療育施設に通われることも大変多く、その際に待っている時間というのは、合わせると結構な時間になります。その待っている時間をもっと有効に活用できないだろうか?そう思...続きを読む
高取内科医院 メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報...続きを読む
石川眼科 うちの患者様で特徴的なのは、手術にしても診察にしても、口コミなんですよね。 患者様が来られて、メディキャスターを見て、白内障や緑内障、糖尿病などの情報を知るんです。するとその情報を家族の方に伝え、家族を連れてこられたりす...続きを読む