メニュー
TOP > 利用事例  > 医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック
メディキャスターは患者様の“きっかけ”づくりに役立っています。

医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック

東京都千代田区 院長 青山 秀和

-メディキャスターを導入したきっかけは?

05_09_image05

美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。

せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容に関する情報に触れ、有意義に過ごしていただきたいという思いがあります。

開院当初はクリニック案内のDVDを制作し、患者様に見ていただくようにしていましたが、DVDだと頻繁に作り変えることが難しく、ちょっとした変更や修正もできないことが不満でした。
そこで気軽にコンテンツ更新ができるメディキャスターを導入することにしました。

-患者様の評判はいかがですか?

05_09_image07

当院オリジナル番組では、主に施術と当院で取り扱っている商品(化粧品など)の紹介をしています。 どちらも患者様からの反響は大きく、メディキャスターを見て施術について相談されたり、商品を購入されたりする患者様が多くなっています。

メディキャスターで紹介をすると、施術や商品について患者様の理解が深まるように思います。 もともと知っていたことでも、メディキャスターを見て、より理解が深まると、患者様は「やってみよう」「使ってみよう」と思ってくれます。 そして医師やスタッフに相談してくれますので、メディキャスターは、患者様が行動を起こす“きっかけ”づくりに役立っています。

05_09_image06

美容皮膚科では定期的に通われる患者様が多いため、新しいコンテンツの方が良い反応をいただけます。
メディキャスターは、定期的にコンテンツを更新することができますので、今後も患者様の良い“きっかけ”づくりになるよう、活用していきたいと思います。



その他のお客様の声

医療法人社団仁明会 安部医院 患者さんのために、待ち時間にもプラスになるものを提供したいと思って、メディキャスターを採用しました。 待合室で待つということは患者さんにとってはネガティブなことだと思います。でもその時間で患者さんの知識になることを自然に...続きを読む
高田眼科 患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。 メディアコンテ...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
ののやま眼科 新規開業にあたり、「患者様にすばやくメッセージを届けられる」、「ホットな情報を主体にできる」といった、診察室だけでは伝きれないような情報を画面を通じて待ち時間内で伝えていきたいということでメディキャスターを導入しました。...続きを読む
おばな内科クリニック メディキャスター導入のきっかけは今のクリニックを開業する際、内装の参考にと知人や先輩の医院を訪問して診察室や待合室などを見学させてもらった際に、たまたまメディアコンテンツファクトリーさんのメディキャスターを目にしたことで...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む
島田療育センター 障害を持ったお子様を育てるというのは非常に大変な事で、病院や療育施設に通われることも大変多く、その際に待っている時間というのは、合わせると結構な時間になります。その待っている時間をもっと有効に活用できないだろうか?そう思...続きを読む
赤穂中央病院 大分のある病院の方にお伺いする機会がありまして、その際にメディキャスターが患者様によく見られているというお話を聞きました。実際に映像も見せてもらいましたが、完成度が高く、視認性にも優れていたため、すぐに導入を決意しました...続きを読む