メニュー
TOP > 利用事例  > 医療法人社団 かわな眼科
待ち時間に、患者教育と情報発信のできる便利なツール

医療法人社団 かわな眼科

千葉県松戸市 院長川名 啓介

院内受付

患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。

当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると考えたためです。

メディキャスターは、診察や検査の待ち時間に医療に関する知識をつけることができ、かつ当院からの情報を発信することもできるため、待ち時間を有効に使えるツールだと思います。
貼り紙と違って発信したい情報量の制限もなく、自分で作成したテロップなども簡単に出せるので便利です。

さらに、当院からの情報だけでなく、生活に即した健康情報やニュースなども流れるので、待ち時間を短く感じられる効果もあると思います。



その他のお客様の声

越谷誠和病院 常日頃、病院内の情報をできるだけ多くの患者様に知ってほしいと思っておりまして、そういった情報表示ができるものはないかと思い比較検討した結果、メディキャスターを導入しました。 今は院内情報誌の内容などをメディキャスターで放...続きを読む
高取内科医院 メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
仲整形外科 私のところは兄も開業医なのですが、その兄の医院が先にメディキャスターを導入しており、実際に何度も見ていて、兄から使いやすいと勧められたのが導入するきっかけでした。 私はよく、近くのホールを借りて講演会を開催しているのです...続きを読む
医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む
医療法人社団仁明会 安部医院 患者さんのために、待ち時間にもプラスになるものを提供したいと思って、メディキャスターを採用しました。 待合室で待つということは患者さんにとってはネガティブなことだと思います。でもその時間で患者さんの知識になることを自然に...続きを読む
仲皮フ科クリニック 導入したきっかけは雑誌を見て、便利だなと思い導入しました。 それまでは、壁に張り紙を張っていたのですが、ひとつの画面から放映することになって非常にすっきりし、待合室がきれいになりました。 患者様も待ち時間を退屈しないです...続きを読む
中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む