メニュー
TOP > 利用事例  > 医療法人社団 かわな眼科
待ち時間に、患者教育と情報発信のできる便利なツール

医療法人社団 かわな眼科

千葉県松戸市 院長川名 啓介

院内受付

患者さんに、医療に関する知識をつけてもらいたいと思い、メディキャスターを採用しました。

当院では日頃から、納得して治療を受けてもらいたいと考えており、そのためには患者さんご自身に治療や検査について知ってもらう必要があると考えたためです。

メディキャスターは、診察や検査の待ち時間に医療に関する知識をつけることができ、かつ当院からの情報を発信することもできるため、待ち時間を有効に使えるツールだと思います。
貼り紙と違って発信したい情報量の制限もなく、自分で作成したテロップなども簡単に出せるので便利です。

さらに、当院からの情報だけでなく、生活に即した健康情報やニュースなども流れるので、待ち時間を短く感じられる効果もあると思います。



その他のお客様の声

谷口整形外科リハビリクリニック クリニックの建物を移転するタイミングで、メディキャスターを導入しました。 当院では、「共に考え、共に治す」というモットーを掲げており、そのためには患者さんの治療に参加する姿勢が必要だと考えています。最初はただ患者さんの暇...続きを読む
高田眼科 患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。 メディアコンテ...続きを読む
陣の内脳神経外科クリニック 頭痛外来の紹介により、口コミで情報が広がった他、関連施設の利用も増えました。 当院では頭痛外来というのを行っていまして、九州でもかなり多くの方に来ていただいております。院内で頭痛に関する情報を流したところ、患者様同士の口...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む
石川眼科 うちの患者様で特徴的なのは、手術にしても診察にしても、口コミなんですよね。 患者様が来られて、メディキャスターを見て、白内障や緑内障、糖尿病などの情報を知るんです。するとその情報を家族の方に伝え、家族を連れてこられたりす...続きを読む
済生会唐津病院 メディキャスターは「患者サービスの一環として、何か良いものはないか?」と探していた時に知りました。見た瞬間、これだ!と思い、導入をさせていただきました。 実際に大型のディスプレイを通じて情報を目にすると、壁に貼っているポ...続きを読む
こうの内科医院 メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む
医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む