メニュー
TOP > 利用事例  > 済生会唐津病院
患者サービスの一環として導入。
圧倒的に説得力のある院内情報開示の仕組みだと思っています。

済生会唐津病院

佐賀県唐津市 事務長樋口 明麿

05_08_image02

メディキャスターは「患者サービスの一環として、何か良いものはないか?」と探していた時に知りました。見た瞬間、これだ!と思い、導入をさせていただきました。

実際に大型のディスプレイを通じて情報を目にすると、壁に貼っているポスターやチラシと比べ、圧倒的に説得力があることに気がつきます。そこで、注目度が高いならとそれまで院内で、口頭やポスターを張るなどして行っていた院内情報の告知や注意喚起などを、メディキャスターを通じて行おうということになりました。

05_08_image03

院内には多くのスタッフがおり、それぞれが常に患者さんへ伝えたい何かしらの情報(担当レベルでお知らせしたい情報)を持っています。それをメディキャスターを通じて素早く開示してあげたかったんです。

実際、導入した結果、ポスターを制作するより手間がかからず、しかも開示できるまでが早くて多くの方に見ていただけるという、とても便利な広報媒体が院内に登場することになりました。

これはメディアコンテンツファクトリーさんも含め、各部の連携が上手く機能しているからこそ実現できた院内情報開示の仕組みだと思っています。関係スタッフはもちろん、患者さんからの評判も良く、皆さん満足してくれています。



その他のお客様の声

福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
医療法人社団仁明会 安部医院 患者さんのために、待ち時間にもプラスになるものを提供したいと思って、メディキャスターを採用しました。 待合室で待つということは患者さんにとってはネガティブなことだと思います。でもその時間で患者さんの知識になることを自然に...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
陣の内脳神経外科クリニック 頭痛外来の紹介により、口コミで情報が広がった他、関連施設の利用も増えました。 当院では頭痛外来というのを行っていまして、九州でもかなり多くの方に来ていただいております。院内で頭痛に関する情報を流したところ、患者様同士の口...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む
中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む
おばな内科クリニック メディキャスター導入のきっかけは今のクリニックを開業する際、内装の参考にと知人や先輩の医院を訪問して診察室や待合室などを見学させてもらった際に、たまたまメディアコンテンツファクトリーさんのメディキャスターを目にしたことで...続きを読む
やすらぎクリニック 私は以前から、患者様に待ち時間をいかに有意義に過ごしてもらおうかと考えていました。それで、私自身が開業することになり、診療予約システムとメディキャスターのどちらを導入しようかと考えていたんです。 診療予約システムを導入し...続きを読む