メニュー
TOP > 利用事例  > 社会保険 田川病院
テロップ機能は、非常に患者様の目を引くので重宝しています。

社会保険 田川病院

福岡県田川市 院長吉村 恭幸

05_08_image05

患者様に対して最新の情報を伝達したい、情報伝達をすることによって診療内容を豊かにしていきたいと思い導入致しました。

機能評価の点からしても壁に張り紙をしているということだけでは認められません。画面の大きさや色合いなどメディアコンテンツファクトリーのシステムは多様性があり理解しやすいので、患者様は興味を持ちやすいだろうと思いました。画面のデザインも非常に色彩豊かで、コンテンツ内容も日本医科芸術の作品や風景の緑など病院らしいもので満足しております。待たれている患者様は文字が変わったり画面が動いたりしているので見られていますね。

05_08_image04

当院では、がん相談支援センターとしての相談会のお知らせや医療文化祭の情報なども放映しております。情報をご覧になられた患者様は受付へ申し出られますので、患者様の不安を解決したり、案内ができる点では大きく役に立っております。

テロップ機能のニュースも患者様は非常に興味を持たれて見ています。 常に動いているので自然に目が行くのでしょうね。

今後も、病院の情報をもっと豊富に放映していきたいと思っております。 医療機器の紹介や使い方、流行りの情報などもタイムリーに放映していきたいですし、新しい先生の紹介などもホームページで医師の紹介はしておりますが、なかなか見られないので、うまくメディキャスターと連動していきたいと思っております。



その他のお客様の声

医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む
仲皮フ科クリニック 導入したきっかけは雑誌を見て、便利だなと思い導入しました。 それまでは、壁に張り紙を張っていたのですが、ひとつの画面から放映することになって非常にすっきりし、待合室がきれいになりました。 患者様も待ち時間を退屈しないです...続きを読む
北方医院 当院では以前、電光掲示板で文字情報を流していました。 文字情報でニュースなども流したいと思い、自分で打ち込んでいましたが、やはり時間と手間がかかり、そうなると更新の頻度が空いてしまったり、マンネリ化したりしていました。 ...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
石川眼科 うちの患者様で特徴的なのは、手術にしても診察にしても、口コミなんですよね。 患者様が来られて、メディキャスターを見て、白内障や緑内障、糖尿病などの情報を知るんです。するとその情報を家族の方に伝え、家族を連れてこられたりす...続きを読む
赤穂中央病院 大分のある病院の方にお伺いする機会がありまして、その際にメディキャスターが患者様によく見られているというお話を聞きました。実際に映像も見せてもらいましたが、完成度が高く、視認性にも優れていたため、すぐに導入を決意しました...続きを読む
高取内科医院 メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報...続きを読む