メニュー
TOP > 利用事例  > 高取内科医院
患者さんが心配する些細なところまで、キメ細かな情報開示を行い、患者さんの不安を和らげてあげたい。

高取内科医院

神奈川県川崎市 院長高取 正雄

メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報開示を積極的に行っていく必要があります。その際、院内の情報を張り紙で紹介するより、ディスプレイなどでイメージされたものでご紹介した方が、患者さんの目を引きやすく、実際によく見られているなと実感します。

メディキャスターの導入後、院内では良い意味で変化がありました。まず余分な張り紙をしなくて済むようになり、院内の見た目がスッキリしました。また、その季節ごとに周知徹底したい情報がある場合、たとえば予防接種の情報であったり、感染症の情報であったり、あと季節に合わせたいろんなイベントなど、そうした情報をその時期に合わせて繰り返し放映できるため、疾病予防、お知らせという点で非常に大きな役割を果たし、患者さんのためにも役立ってくれています。

今後は疾病情報、院内の設備情報についても、キメ細かく情報を流せるようにしたいと考えています。内視鏡を使った手術の紹介などにしても、患者さんにとっては、内視鏡を使った手術というものがどんな内容なのかという話以前に、まず痛いのか、痛くないのか?という心配の方が先にくるんです。だからそうした些細なことまで含めた説明をメディキャスターを通じて行い、患者さんの不安を取り除いてあげた上で、安心して手術を受けられるようにしてあげたいんです。

今後も患者さんにはメディキャスターを通じて様々な情報を紹介し、不安や心配を和らげ、診察を受けていただきたいと考えています。



その他のお客様の声

麻生耳鼻咽喉科 私たち耳鼻咽喉科は患者数が非常に多い科であり、患者様の待ち時間が どうしても長くなってしまうのが医療機関としての問題点となります。この医院を開業する前から、その待ち時間の問題点をどうにかしたいと思っていました。開院当初は...続きを読む
越谷誠和病院 常日頃、病院内の情報をできるだけ多くの患者様に知ってほしいと思っておりまして、そういった情報表示ができるものはないかと思い比較検討した結果、メディキャスターを導入しました。 今は院内情報誌の内容などをメディキャスターで放...続きを読む
中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む
きし内科クリニック 当院では、通っている患者さんたちが、「比較的かかるであろう病気」をピックアップして放映しています。 採用する前は、病院でしか得られない情報を少しでも発信できたらいいなという軽い気持ちだったのですが、実際に運用を始めてみる...続きを読む
赤穂中央病院 大分のある病院の方にお伺いする機会がありまして、その際にメディキャスターが患者様によく見られているというお話を聞きました。実際に映像も見せてもらいましたが、完成度が高く、視認性にも優れていたため、すぐに導入を決意しました...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様は待ち時間をもてあましています。病院側としては説明したい情報はたくさんありますが、なかなか説明する時間をとれません。その双方を何とかうまくつなげたいと思い導入しました。食事指導やレシピなどを放映したら、その情報が欲...続きを読む
えんどうクリニック -患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む
福岡市医師会成人病センター 患者様と担当医との接触はあるんですけども、病院と患者様との接触は意外にないんです。病院の情報を患者様や家族の方にきちっと伝えたいという思いがありまして、導入しました。 3年くらい前に糖尿病患者の友の会というものを作りまし...続きを読む