メニュー
TOP > 利用事例  > 高取内科医院
患者さんが心配する些細なところまで、キメ細かな情報開示を行い、患者さんの不安を和らげてあげたい。

高取内科医院

神奈川県川崎市 院長高取 正雄

メディキャスターは、実際に導入してみて情報の周知徹底をとても効率良く行えるメディアだなと感じました。患者さんに診療所の設備などについてよく理解していただいて、多く利用していただきたいと考えているのですが、そのためには情報開示を積極的に行っていく必要があります。その際、院内の情報を張り紙で紹介するより、ディスプレイなどでイメージされたものでご紹介した方が、患者さんの目を引きやすく、実際によく見られているなと実感します。

メディキャスターの導入後、院内では良い意味で変化がありました。まず余分な張り紙をしなくて済むようになり、院内の見た目がスッキリしました。また、その季節ごとに周知徹底したい情報がある場合、たとえば予防接種の情報であったり、感染症の情報であったり、あと季節に合わせたいろんなイベントなど、そうした情報をその時期に合わせて繰り返し放映できるため、疾病予防、お知らせという点で非常に大きな役割を果たし、患者さんのためにも役立ってくれています。

今後は疾病情報、院内の設備情報についても、キメ細かく情報を流せるようにしたいと考えています。内視鏡を使った手術の紹介などにしても、患者さんにとっては、内視鏡を使った手術というものがどんな内容なのかという話以前に、まず痛いのか、痛くないのか?という心配の方が先にくるんです。だからそうした些細なことまで含めた説明をメディキャスターを通じて行い、患者さんの不安を取り除いてあげた上で、安心して手術を受けられるようにしてあげたいんです。

今後も患者さんにはメディキャスターを通じて様々な情報を紹介し、不安や心配を和らげ、診察を受けていただきたいと考えています。



その他のお客様の声

中央眼科グループ 当グループは眼科で複数院あるため、患者さんへの情報発信には幅広くいろいろな媒体を使い分けています。中でもデジタルサイネージは最も患者さんへのアピール力があると思います。 ホームページは、まだクリニックに来たことのない患者...続きを読む
医療法人社団秀愛会 赤坂ビューティークリニック -メディキャスターを導入したきっかけは? 美容皮膚科では麻酔が効くまでの時間など、施術の合間にも30~40分の待ち時間が生じます。 せっかくきれいになるために美容皮膚科に来院されたわけですから、患者様には待ち時間にも美容...続きを読む
やすらぎクリニック 私は以前から、患者様に待ち時間をいかに有意義に過ごしてもらおうかと考えていました。それで、私自身が開業することになり、診療予約システムとメディキャスターのどちらを導入しようかと考えていたんです。 診療予約システムを導入し...続きを読む
仲皮フ科クリニック 導入したきっかけは雑誌を見て、便利だなと思い導入しました。 それまでは、壁に張り紙を張っていたのですが、ひとつの画面から放映することになって非常にすっきりし、待合室がきれいになりました。 患者様も待ち時間を退屈しないです...続きを読む
こうの内科医院 メディキャスターを知ったのは知り合いの病院の待合室でした。見た瞬間「これはいいな」と思い、その事務長に紹介してもらったんです。私の場合、プロフィールや専門などを放映していますが、診察室で親しみを持っての話題になります。患...続きを読む
高田眼科 患者様がだんだん増えていくに当たり、「この方に説明していてこの方にしていない」などの課題があり、一様にすべての患者様に同じ説明をする為には、そういった情報を何らかの形で表示するのが必要だと考えていました。 メディアコンテ...続きを読む
えんどうクリニック -患者様向けの冊子の作成やマスコミへの執筆活動なども精力的に取り組んでおりますが、広報することの重要性についてどのようにお考えですか? 医師は、かつては“お医者様”なんて言われていましたが昔のようにはいかなくなりました。...続きを読む
済生会唐津病院 メディキャスターは「患者サービスの一環として、何か良いものはないか?」と探していた時に知りました。見た瞬間、これだ!と思い、導入をさせていただきました。 実際に大型のディスプレイを通じて情報を目にすると、壁に貼っているポ...続きを読む