メニュー
medicaster
TOP >  サービス >  必要な機器

メディキャスターのシステム構成

放映に必要な機器等

メディキャスターを放映するには、以下の機器・インターネット環境が必要となります。
院内にWi-Fi環境があれば、ディスプレイにメディキャスター本体を接続し、無線設定をするだけで、簡単に放映を開始することができます。
※有線LAN環境でも利用可能です。

ディスプレイ(取付金具・工事)
メディキャスター本体
インターネット環境

システム構成図

ディスプレイ、メディキャスター本体、インターネット環境を下図のように接続します。
※ディスプレイを複数台設置する場合は、ディスプレイごとにメディキャスター本体を1台ずつ接続します。

■無線LAN(Wi-Fi)接続の場合 システム構成図 ■有線LAN接続の場合 system_configuration2

ディスプレイについて

  • 主流のサイズは40~42インチです
  • サイズは20インチ~60インチ程度まで。一部ベッドサイドのモニターでも利用されています。
  • 既設のテレビが利用可能です ※接続端子によっては別途変換器等が必要となります。
  • 待合室・中待合等に設置済みのテレビを利用することができます。メディキャスター本体とテレビを映像ケーブル・音声ケーブル(HDMI接続以外)等で接続します。
  • 設置形式は壁掛け・天吊りが主流です ※別途、取付金具が必要です。
  • スタンド形式で利用されるケースもあります。

配線・取付工事について

  • 壁掛け・天吊りの場合、ディスプレイ(テレビ)取付工事が必要です
  • 壁掛け・天吊りにする場合は、ディスプレイ(テレビ)の取付や、それにともなう壁・天井の補強工事を行います。

インターネット環境について

  • 無線・有線LAN環境が必要です
  • 無線(Wi-Fi)接続の場合は、安定した無線LAN環境が必要です。無線の電波が安定しない場合は、中継器の設置等が必要な場合があります。有線LANでの接続も可能です。
  • 既設のインターネット環境が利用可能です
  • 特殊な事情がある場合を除き、ほとんどのお客様が既設の環境をそのままご利用されています。
お問い合せはこちら