MENU

WEB問診システム|SymView[シムビュー]

プライマリ・ケアの
外来診療の忙しさを
改善するWEB問診システム

インテリジェンス問診
symview

特許申請済

「予約時にはスマホ」で、「来院時にはタブレット」で問診入力

「予約時にはスマホ」で、
「来院時にはタブレット」で
問診入力

クラウド型サービスなので、端末を問わずインターネット環境がある場所で問診の記入が可能です。

回答結果を
「医療用語に変換」
「電子カルテへ即時反映」

患者の回答した問診は医療機関側画面ですぐに確認できます。

SymViewのメリット

診断に必要な情報を
診察前に収集

SymViewは、
医師の診察時間の効率化を実現します。

診断に必要な情報を診察前に収集

電子カルテの入力を
最小限に

SymViewを電子カルテと連動することで、
電子カルテへの記入の手間が大幅に削減されます。

電子カルテの入力を最小限に

SymViewの特徴

可能性の高い疾患を
リスト化

データ蓄積

問診の内容に応じて、可能性の高い疾患のリスト化を行います。
医師は病名をチェックしておくことで、実績データを蓄積しより精度の高い推論が可能となっていきます。

問診票の
カスタマイズが可能

カスタマイズ

それぞれの問診票はカスタマイズすることが可能です。また、医療機関独自の質問などを自分で簡単に追加・編集することも可能です。

医療関連文書電子保存
ガイドライン準拠

原本化

「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠した形で、認定特定認証事業者の発行する電子証明書を用いて電子署名を施し、電子署名を含む文書全体にタイムスタンプを付与してPDFを保存・管理するので、電子データを原本として扱えます。公的な予防接種予診票などの文書管理規程にも対応可能です。


画面イメージ

SymView 問診画面(主訴質問)

問診画面(主訴質問)

SymView 問診一覧画面

問診一覧画面

SymView 問診結果画面

問診結果画面

共同開発医師より

おおくぼ総合内科 院長 大久保 辰雄 先生

おおくぼ総合内科院長
大久保 辰雄 先生


おおくぼ総合内科 院長 大久保 辰雄 先生

おおくぼ総合内科院長
大久保 辰雄 先生

略歴

1989年
東京慈恵会医科大学卒業
医師免許取得
1995年
東京慈恵会医科大学外科入局
同附属病院外科助手として勤務しつつ、医局派遣にて神奈川県立厚木病院、カリフォルニア大学サンフランシスコ校、国立西埼玉中央病院、総合高津中央病院にて勤務
2006年
信愛クリニック内科・心療内科勤務(非常勤)
2007年
大船中央病院内科勤務
2009年
おおくぼ総合内科クリニック開院

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本プライマリ・ケア学会
  • 日本心身医学会
  • 日本心療内科学会
  • 日本精神神経学会
  • 日本外科学会

資格

  • 認定産業医
  • 認知症サポート医
  • 日本外科学会外科 
    認定登録医(元専門医)
  • 日本プライマリ・ケア学会 
    プライマリ・ケア認定医
  • 日本臨床内科医会 
    臨床内科認定医
  • 日本心療内科学会 
    登録医

医師会などの活動

横浜市医師会
常任理事
戸塚区医師会
副会長

診断学においては、問診の重要性が再認識されており、正しい診断と診療にたどりつくためには、診察・検査の前にまず適切な問診を行うことが重要であることに異論はないでしょう。名人は、将棋の一手のように、鮮やかな質問を繰り出しながら診断にたどりつきますが、このような問診のコツをスタッフに教えるには時間がかかります。

また、問診は一般の方が対象となりますので、医療的な定義よりも普通の言葉に沿って行われる必要があり、それを医療的な診断カテゴリーに落とし込んでいく作業は、双方の言葉のズレをきちんと理解している必要もあります。

問診システム「SymView」では、これらの問題を吟味・検討し、適切な診断にたどりつき、また頻度は少ないが重大(critical)な病気を見落とすことがないように、日常診療の補助となることを目指しました。今後、多くの方に使用されることで、精度が向上していくことを期待しています。

導入事例

IMG_9689

おおくぼ総合内科クリニック

神奈川県横浜市戸塚区

総合内科、心療内科、外科

IMG_9506

しみずファミリークリニック

栃木県宇都宮市

総合内科、外科、小児科