かかりつけ医のための診療DX
来院前に患者情報を把握する
新しい診療体験
  • 導入~運用まで充実のサポート体制
  • 各種システムメーカと正式に連携
 

Symviewとは

WEB問診SymViewは紙の問診をデジタル化するということではなく、
来院前に患者情報を収集し、分析・活用することで診療行為全体のDXを推進します

画像:問診の様子
経験豊富な医師やベテラン看護師のように
高度な予備問診を実現します

SymViewでは、質問の出現条件を設定することができます。
医師や看護師が患者の訴えなどに応じて、次の質問を繰り出していくように、問診の回答に応じて次の質問が出現する条件を設定することができます。
出現条件は、それぞれの医師の診療方針や考え方によって独自のアルゴリズムを設定することが可能です。

利用イメージ

  1. 画像:男性がパソコンに必要事項を入力している様子。

    患者は、来院前に⾃宅等で、⾃分のスマホを使⽤してWEB問診を⼊⼒します。

  2. 画像:キーボードで入力している様子。

    患者が⼊⼒した問診結果は、医療機関の管理画⾯より確認できます。結果をスタッフが電⼦カルテに貼り付けます。

  3. 画像:男性がスマートフォンで情報をみている様子。

    医師は、患者の詳しい問診がカルテに記載されている状態から診察を開始できます。

診療体験の変化

診療体験の変化図解

患者さん側

  • 自宅で落ち着いて問診に回答できる
  • より詳しく漏れなく、症状を医師に伝えられる
  • オンラインか外来か診察方法を選択できる
  • 問診記入やカルテ準備がなくなる分、待ち時間が短くなる
  • クリニックからの案内で忘れずに再受診できる

医療機関側

  • 来院前に症状に応じたトリアージができる
  • 簡単転記でカルテの準備を短縮できる
  • 患者の来院前に院内フローの組み立てができる
  • オンライン診療でも診療前の問診が可能になる
  • 受診内容に応じた再受診案内ができる

詳しい動画を見る

SymView紹介動画サムネイル
 

Symview
実現すること

来院前に患者情報を把握したり事前説明ができることで、
余裕をもって業務フローの組み立てができるようになります

  • 業務効率化

    パソコンに向き合う女性

    電子カルテと連携することで、患者が入力した問診内容をワンタッチで電子カルテに入力できます。また、来院前に必要な準備ができ、院内フローの組み立てが可能になります。

  • 感染対策

    注目ポイント

    来院前に詳細な症状の確認ができることで感染対策につながります。
    SymViewでは患者が一定条件の回答をした際に簡単にトリアージできるラベル機能を搭載しています。

  • 人材活用

    会議中

    看護師やスタッフに代わって予備問診を行ったり、カルテ記載業務などが効率化されることで、医療人材を有効活用できます。SymViewがクリニックの人材不足をサポートします。

 

Symview
選ばれる理由

  • 導入〜運用まで
    充実のサポート体制

    WEB問診は院内の業務フローを支えるツールだからこそ、SymViewは利用率を重視します。貴院と患者さん双方にご利用いただいけるよう、導入〜運用までしっかりとサポートいたします。

    詳しくはこちら
  • 各種システムメーカと
    正式連携

    周辺システムとの連携によりWEB問診の導入効果は向上します。SymViewは、電子カルテ・予約システム・オンライン診療など各メーカと正式に連携調整し、セキュリティ面も安心です。

    詳しくはこちら
  • 全国2,000件以上の
    医療機関にサービス提供

    SymViewのメーカである、メディアコンテンツファクトリーは、20年以上にわたり医療機関にサービスを提供し、当社サービスのユーザ様は全国2,000件以上にのぼります。

Symviewの特長

自院で簡単に問診の追加や
カスタマイズ・修正が可能

パソコンに向かう男性のイラスト

SymViewでは、貴院にご利用いただける問診の雛形を公式問診として多数ご用意しており、簡単に自院で利用したい問診のインポートや内容のカスタマイズをご自身で行っていただけます。ご利用方法は導入時に丁寧にレクチャーいたします。

質問の出現条件設定で
患者さんが回答しやすい設計

Aを選ぶ男性とBを選ぶ女性

医師や看護師が患者の訴えなどに応じて、次の質問を繰り出していくように、問診の回答に応じて次の質問が出現する条件を設定できます。これにより患者さんによっては意味のない質問に回答する手間が省け、患者さんの負担を軽減します。

全国のクリニックが利用する
公式問診を多数ご用意

サムネイルが並んだパソコン画面

貴院にご利用いただける問診の雛形として、公式問診を多数ご用意しています。公式問診は全国の医療現場でご利用いただいており、現場の知見を集約しています。問診広場というサイトで公開し、随時、内容のアップデートや追加を行っています。

メール配信機能搭載で
患者さんのフォローアップが可能

病院からのメール通知に気づいた女性

SymViewではメール配信機能を標準搭載しています。受診前の注意事項のご連絡や、オンライン診療のご案内、受診後のフォローなど、患者さんの受診内容等に応じて配信するメッセージの設定が可能です。来院分析のアンケートにも活用可能です。

導⼊事例

全国の医療機関でさまざまに工夫してWEB問診を活用いただいています

活用方法

SymViewの各種機能の活用方法についてご紹介します

医療を、もっとわかりやすく

株式会社メディアコンテンツファクトリーロゴ

メディアコンテンツファクトリーは
クリニックの医療コミュニケーションをサポートします