2021.11.18

感染対策に活用されたラベル機能の事例をご紹介

トリアージ
ラベル機能
感染対策

2020年の感染拡大以降、WEB問診を感染対策にご活用いただく医療機関が増えました。

WEB問診は、患者さんが来院する前に、詳細な症状や受診目的を把握できるため、感染の疑いが強い患者さんには事前連絡をして発熱外来の受診を促す等の対応ができることから、感染拡大下においてはWEB問診の導入が加速度的に進んだように感じます。

SymViewでは、感染対策をより効率的に行っていただけるようラベル機能をご活用いただいています。
今回はそのラベル機能について、感染対策ではどのように活用されているのか具体的な事例を交えながらご紹介したいと思います。

ラベル機能とは

ラベル機能とは、患者さんが問診で⼀定の条件の回答をすると、医療機関の管理画⾯にアラートを⽰すラベルが表⽰される機能です。問診一覧画面にラベルが表示されることで、医療機関側が事前に把握しておきたい特徴のある患者さんの問診に目印をつけることができるというものです。

ラベルという目印がつくことで、緊急性の高い患者さんを優先的に診察室に通したり、感染疑いが強い患者さんには受診前に事前連絡をして発熱外来をご案内したり、というようにトリアージに活用できます。

 

▼問診一覧画面でのラベルの見え方

 

 

なお、ラベルが表示される出現条件やラベルの色、文言は各医療機関ごとにカスタマイズ設定することが可能です。

 

▼ラベルの色

 

感染対策での活用事例① 感染疑い

WEB問診の回答結果で、以下の条件に当てはまり、感染疑いが強い場合に表示するようにした例です。

  • 37.5度以上の発熱あり
  • 周囲での感染あり
  • 濃厚接触あり
  • 味覚障害・嗅覚障害あり

 

もっとも目立つ赤色のラベルにすることで見落とすことなく、該当の患者さんに事前連絡をして来院時間を指定したり、来院までにスタッフや院内の感染対策の準備を徹底することができるようになります。

 

感染対策での活用事例② 車内待機

車社会の地域では、クリニック内には患者さんは入らずに、駐車場で待機してもらうという感染対策をとった医療機関も多くありました。

そのようなオペレーションを行っているクリニックで、発熱がある方には「車内待機ラベル」を設定するようにした例です。

車内待機ラベルがつくことで、該当の患者さんの順番になれば医師やスタッフが駐車場に出向いて、診察をするという流れになります。車内待機となった患者さんには、事前に車種やナンバーを確認しておくと、より診察がスムーズになります。

 

感染対策での活用事例③ 園/学校ラベル

感染が拡大する中で変異種が増えてきたことで、2021年に入ってからは子どもの感染も目立つようになりました。

学校でクラスターが発生した事例も全国で確認されたことから、あらかじめ「通っている園・学校」という質問を設定しておき、クラスターが起こっている園や学校の選択肢を設け、その園児や生徒だった場合には、ラベルを表示するようにした例です。

本人に自覚症状がなかったり、発熱等の感染疑い以外の目的で受診した場合でも、周囲に感染させるおそれがあるため、隔離室に案内する等の対応をとることができます。

 

感染対策での活用事例④ 低酸素ラベル

2021年7月以降の第5波では、首都圏を中心に病床数が逼迫し、自宅療養となる患者さんが多く発生しました。

SymViewは、そのような自宅療養の患者さんの日々の健康状態の確認にも活用いただけます。

定期的に自宅療養者向けの問診に回答してもらうことで、患者さんごとの状態を詳細に確認することができます。状態の急変や悪化の目安となる酸素飽和度の値も入力してもらい、酸素飽和度が一定の基準値を下回った場合にラベルを表示するようにした例です。

このラベルが表示されることで、医療機関側は自宅療養から入院に切り替える調整をしたり、保健所に報告したり等、迅速に対応することができます。

 

 

全国の医療機関では、感染拡大下において様々な工夫のもと医療提供体制を維持されていたことと思います。

WEB問診を感染対策に活用された医療機関も多く、弊社でもSymViewのユーザ様から多くのアイディアをいただきながら、より効果的な活用方法をご提案してきました。

ラベル機能は、感染対策をはじめとするトリアージに役立つもので、SymViewには標準搭載されています。さらなる感染拡大に備えて、ぜひWEB問診の導入やラベル機能の活用をご検討ください。

また、ラベル機能とあわせて、メッセージ表示での感染対策も多くのユーザ様でご活用いただきました。こちらの記事で紹介していますので、ご参考ください。

感染対策にSymViewのメッセージ表示を活用する方法