WEB問診と
各システム連携のメリット

各システムをWEB問診がつなぐことで、効率的な院内業務フローの組み立てが可能となり、
業務効率化はもちろん、院内滞在時間・待ち時間の短縮を期待できます。

WEB問診と各システム連携のメリット

患者側のメリット

  • 患者情報が連携されることで、システムごとに氏名や住所を入力する手間を省ける
  • 院内の準備時間が短縮されるため、診察までの待ち時間が短くなる

医療機関側のメリット

  • 来院前に病状を把握でき、オンライン診療の対応可否や希望確認ができる
  • 電子カルテに簡単転記できるため、準備時間の短縮、業務効率化ができる

Symviewと連携できるシステム

各メーカと正式に連携調整を行っています。SymView導入時にも、貴院に代わって各メーカ担当者と連携調整を対応させていただきますので、ご安心ください。

予約システムとの連携

メーカによって連携の深さが異なります。各メーカの連携深度については無料相談会にてご説明いたします。

予約システムメーカによって対応可否が異なりますので、詳しくはお問合せください。

予約完了画面ボタンリンク

予約完了ボタン

各予約システムで予約取得が完了すると、SymViewの入力画面に遷移するリンクボタンが表示されます。スムーズに入力できます。

患者情報連携

患者情報連携

各予約システムで入力した氏名や住所等の患者情報をSymViewに引き継ぎます。患者さんの入力の手間を削減できます。

予約管理画面での
問診有無確認

問診有無確認

予約システム管理画面の一覧で患者ごとにWEB問診を入力しているかどうかを確認できます。受付時の確認等が不要になります。

予約管理画面から
問診画面への遷移

予約管理画面からの遷移

予約システム管理画面の一覧から患者ごとのWEB問診詳細に直接リンクすることができます。受付でのトリアージに役立ちます。

SymView管理画面での
予約日時確認

予約日時確認

時間帯予約の場合、SymView管理画面の一覧で、各患者の予約日時の確認ができます。
*対応可否はメーカによります。

お知らせ掲載

お知らせ掲載

予約システムトップページや予約完了メールにWEB問診入力へのリンクを掲載します。

連携メーカ一覧

  • テルミーi(アイアコス)
  • チェックオン(NOC)
  • ドクターキューブ
  • アイチケット(アイチケット)
  • メディカルパス(アンノット)
  • ヨヤクル(ヨヤクル)
  • CureSmile(マムクリエイト)
  • メディカル革命(GMO)
  • 3Bees(メディウェブ)
  • 診療予約2018(メディカルフォレスト)
  • スマイリーリザーブ(スマイリーマム)
  • ヘリオス(東邦薬品)

電子カルテとの連携

連携方法は2通りあります。基本的には各メーカと正式に連携調整を行い、
直接連携できる電子カルテが増えています。連携調整がまだできていない電子カルテでも、QR連携が可能です。

電子カルテ直接連携(URL連携)

URL連携パソコン画面一例

各メーカと連携調整を行っており、
セキュリティ面でも安心です

電子カルテ端末でSymView画面を開くことができる連携方法です。
電子カルテ端末とWEB問診が同居できるので、別途端末を用意する必要がありません。 クラウド型の電子カルテはもちろん、インターネットに接続していないオンプレ型もメーカ側にSymViewのみ接続できるよう調整を行っていただき、直接連携することができます。メーカ側で調整していただいているため、セキュリティ面で安心です。

  • WEB問診用の端末不要
  • クラウド/オンプレ対応可
  • 各メーカと正式連携

連携メーカ一覧

  • Medicom-HRV(PHC)
  • Qualis(BML)
  • Medical Station CLINIC(BML)
  • CLINICS(メドレー)
  • Future Clinic 21 ワープ(NTT)
  • Doctor‘s Desktop3(CMS)
  • デジカル(エムスリーデジカル)
  • HOPE LifeMark-SX(富士通)
  • CLIPLA(クリプラ)
  • ユビキタス(セコム)
  • BrainBoxVⅢ(湯山製作所)
  • Hi-SEED W3 EX(日立)
  • MRN(EMシステムズ)
  • MAPS(EMシステムズ)
  • オーウェル(セコム)
  • Dopanet Doctors(MIU)
  • SUPER CLINIC(ラボテック)
  • Dynamics(ダイナミクス)
  • AI・CLINIC(アイネット・システムズ)
  • TOSMEC(キヤノンメディカルシステムズ)

QR連携

URL連携パソコン画面一例

QRコード連携であれば
すべての電子カルテと連携可能です

直接連携(URL連携)ができない電子カルテの場合、QRコードによる連携が可能です。SymView用の端末(タブレットやPC)をご用意いただき、患者ごとの問診画面で生成されるQRコードをQRコードリーダーで読み取って、電子カルテ端末に取り込むことができます。
この方法であれば、URL連携が可能な電子カルテ一覧に記載のないどのメーカでも連携することができます。

オンライン診療

オンライン診療「クロン」を提供する株式会社MICINと業務提携をしており、
クロンとSymViewはシステム間で連携しています。

curonSymviewの連携内容

オンライン診療の希望確認

オンライン診療の希望確認

WEB問診内でオンライン診療が可能かを判定し、対応可能な場合には患者にオンライン/外来の希望を確認できます。

WEB問診画面からの
リンク

WEB問診画面からのリンク

患者がオンライン診療を希望した場合、WEB問診入力完了画面にクロンへのリンクボタンが表示され、そのままオンライン診療の申込みに進むことができます。

患者情報連携

患者情報連携

SymViewで入力した氏名や住所等の患者情報は、クロンに引き継がれます。患者が入力の手間を削減でき、利便性がアップします。

クロンとの連携の詳細はこちら