特長・機能

こんな課題には
WEB問診が有効です

  • 業務効率化したい

    • 紙の問診票を電⼦カルテに⼊⼒するため、診察前に患者を待たせてしまっている。
    • ⼊⼒業務で医師やスタッフの残業時間が増えている。
    画像:白衣をきたドクターがヒヤリングしながら、カルテに記載しているところ。
  • 感染対策をしたい

    • 発熱患者に対応したいが、事前トリアージができない。
    • 感染対策のためにオンライン診療を導⼊したが、問診に時間がかかり、困っている。
    画像:丸型に突起がいくつもあるウイルスの写真
  • 患者数が減っている

    • 新型コロナウイルス感染拡⼤以降、患者が激減しており、何らかの対策をしたい。
    • 患者満⾜度のため、診察効率を向上したい。
    画像:白衣を着たドクターが考え事をしている様子

SymViewには
こんな特長があります

  • FEATURE01

    電⼦カルテや予約システム等と正式連携し、外来診療における膨⼤な事務作業を効率化

    SymViewは、電⼦カルテや予約システムのメーカ各社と正式な連携調整を⾏っています。
    電⼦カルテと連携することで、患者が⼊⼒した問診内容をワンタッチで電⼦カルテに⼊⼒できます。また、予約システムとの連携により、予約後に患者がシームレスにWEB問診⼊⼒に誘導できます。

    画像:白衣を着た女性医師がパソコンに向かって入力をしている様子。
  • FEATURE02

    事前トリアージ機能により、重症化リスク・感染リスクに適切な対応が可能に

    患者が問診で⼀定の条件の回答をすると、医療機関の管理画⾯にアラートを⽰すラベルが表⽰される「事前トリアージ機能」を搭載しています。これにより、重症化リスクのある患者の診察順番を早めたり、感染症の疑いがある患者には事前連絡をして、来院時間を指定したりする対応が可能になります。

    画像:ディスプレイに入力情報が記載されており、重要ポイントにマークがついている様子。
  • FEATURE03

    ⾼度な予備問診による医師問診の省⼒化で
    患者とのコミュニケーションを促進

    SymViewでは、ベテラン看護師の予備問診に近いレベルの問診を実現します。これにより医師の診察時の問診の省⼒化につながり、患者説明などより重要なことに診察時間を使うことが可能となります。診察中に相談をする時間を確保できるようになったことで、患者満⾜度が向上した事例もあります。

    画像:診察室で男性医師が患者さんの問診をしている様子。
  • FEATURE04

    全国のクリニックが利用するSymView公式問診を公開し、現場の知見を共有

    全国のクリニック・診療所が医療現場で利用するWEB問診を、問診広場というWEBサイトで公開しています。患者の質問内容やカルテテキスト、運用方法についてご覧いただけます。問診を標準化することで、医療の質の向上に貢献します。

    画像:問診広場の活用法一覧
  • FEATURE05

    オンライン診療クロンと正式連携医療機関・患者双方にとってスムーズな運用へ

    オンライン診療クロンを提供するMICIN社と提携し、SymViewとクロンのシステム連携を実現。WEB問診でオンライン診療の希望を確認し、希望する患者にはクロンへ誘導する仕組みを構築。より良いオンライン診療体験を提供することで、業務効率はもちろん患者満足度向上につながります。

    画像:問診広場の活用法一覧

SymView画面の
イメージ

患者利用画面

患者利用画面
 

クリニック側画面

クリニック側画面
 

SymViewの機能について
これらの機能すべて
追加費⽤なしでご利⽤いただけます。

  • トリアージ機能

    トリアージ機能

    問診に一定の回答をした場合、アラートを出すよう条件設定ができます。新型コロナやインフルエンザ等の感染対策はもちろん、緊急性の高い症状の場合、自院での対応可否を判断する材料になります。

  • シェーマ

    シェーマ

    皮膚科や整形外科等で活用できるシェーマをご用意しています。患者はイラストで身体の部位を選択します。選択された部位は各名称(テキスト)に自動変換され、カルテに取り込むことができます。

  • 患者サイン

    患者サイン

    予防接種や検査・治療等で、同意書が必要なケースにもWEB問診を活用できます。患者はスマホやタブレットの画面上でサインをすることができます。同意書用紙の管理を減らすことに役立ちます。

  • 多言語対応

    多言語対応

    英語・中国語・韓国語・ポルトガル語の問診をご用意しています。患者側画面は各言語で、医療機関側の管理画面では問診結果は日本語で表示されますので、外国人患者の症状を詳細に確認できます。

  • 画像アップロード

    画像アップロード

    保険証などを撮影して画像をアップロードすることができます。小児科では排泄物の形状、皮膚科では患部の状態などを確認するため、画像アップロード機能を活用されています。

  • OCR機能

    OCR機能

    他院からの紹介状やお薬手帳をカメラで撮影すると、画像内の文字を読み込みテキスト化します。テキスト化したデータはそのまま電子カルテに保存できますので、入力作業を軽減するこができます。