MENU

WEB問診システム|SymView[シムビュー]

特徴

WEB問診システム「SymView」の特徴

SymViewは、リリース以来、ご利用いただいている医療機関様のご要望などを取り入れ、より良いサービスとなるよう改善・改修を重ねています。機能は、随時、追加リリース予定です。

  • 特徴1 可能性の高い疾患をリスト化

    問診の内容に応じて、可能性の高い疾患のリスト化を行います。それぞれの質問で、確率の変動があった場合などにもわかりやすく表示されます。医師は、診察の結果により診断された病名をチェックしておくことで、実績データを蓄積し、より精度の高い推論が可能になっていきます。

  • 特徴2 医療機関ごとに問診のカスタマイズが可能

    それぞれの問診は、質問や選択肢の文章、電子カルテへの記載テキスト、質問の出現条件などをカスタマイズすることが可能です。医療機関独自の新規の質問なども、自分で簡単に追加・編集することが可能です。また、複数の種類をつくることもできます。例えば、診療科目ごとや初診用・再診用でわけたり、インフルエンザ予防接種の予診票を用意することも可能です。

  • 特徴3 医療関連文書電子保存ガイドライン準拠

    「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠した形で、問診票のデジタルデータを原本化します。患者のサイン機能や、医師の電子署名機能も付加しており、公的な予防接種予診票などの文書管理規定等にも対応しています。

  • 特徴4 電子カルテとの連動が可能

    電子カルテと連動することで、患者の問診内容を簡単にコピー・ペーストすることができます。問診内容は、カルテ表記文として医療用語に自動変換されるため、改めて入力する手間を削減できます。各社メーカーの電子カルテと連動可能です。詳しくは、お問い合わせください。

  • 特徴5 ホームページや予約システムとも連動

    ホームページから患者の問診内容入力画面にリンクさせることができます。また、予約システムとの連動も可能です。順番予約が完了すると、問診ボタンが表示され、入力への導線をつくることができます。ホームページや予約システムと連動することで、来院前に患者に問診を入力してもらいやすくなります。連動可能な予約システムについてはお問い合わせください。

画面イメージ

  • 問診は、患者の主訴(もっとも気になる症状)を聞くところから始まります。なるべくクローズ質問とすることで、分析可能なデータとして蓄積可能です。

  • 医療機関は、インターネットに接続可能な端末ならどんな端末でも患者の問診内容を確認することが可能です。

  • 医療機関側で問診を確認する画面では、注意が必要な選択肢を選んだ質問のハイライトなどもされるので、重要な回答を見逃すこともありません。

導入事例

「SymView」を導入いただいている医療機関様にその活用方法をお伺いしました。

相川みんなの診療所

名古屋市緑区

内科、消化器科、糖尿病内科、小児科

SymViewを利用してみませんか?

クラウド型問診システム 『SymView』