MENU

WEB問診システム
SymView[シムビュー]

メリット

WEB問診システム「SymView」のメリット

SymViewは、おおくぼ総合内科院長大久保辰雄先生と共同開発した診断推論エンジンを搭載しています。
患者の症状ごとに質問を分岐していくことで、診断に必要な情報を診察前に収集することが可能です。

メリット1 診断に必要な情報を診察前に収集

SymViewは、診断推論エンジン(診断推論のアルゴリズムおよび疾患・症状データベース)を搭載しています。これにより「診断に必要な質問」を、「必要な患者に絞って」、適切になげかけることができます。診察前に十分な患者情報を収集することで、医師の診察効率を劇的に向上することが可能になります。

患者入力画面イメージ

患者の回答状況などに応じて、質問が自動的に遷移します。質問は様々な出現条件が設定されており、患者の主訴や年齢、性別、複数質問の回答状況など複合的な条件が設定されています。
過去に回答した内容も参照して表示するようなことも可能です。

メリット2 電子カルテの入力を最小限に

カルテの記載は大切な仕事ですが、医師にとって時間をかけたい仕事ではありません。問診システムを導入することで、事前に患者に詳細な症状を自ら回答してもらい、問診結果を医療用語に変換します。その上で、カルテにワンタッチで自動転記することができます。これにより、従来カルテの記載にかかっていた手間・時間を大幅に削減することが可能です。

電子カルテ転記用画面イメージ

患者の回答した問診は、カルテ転記用に自動的に医療用語に変換・短縮されます。電子カルテと連動することでワンタッチでSOAPのS欄に自動転記することができます。

導入事例

「SymView」を導入いただいている医療機関様にその活用方法をお伺いしました。

小児科・内科 みなみクリニック

鹿児島市鴨池2-4-1

小児科・内科

医療法人みみ・はな・のどせがわクリニック平尾本院

福岡市中央区那の川2丁目10-25-1F

耳鼻咽喉科

SymViewを利用してみませんか?